本文へスキップ

花火大会 東京・関東 関西

天神祭 花火大会2017 tenjin matsuri

天神祭とは

天神祭 花火
1000年以上続くお祭りで、100隻の船のかがり火と、
3000発の花火の
コラボラーションが、とても幻想的です。

毎年7月25日に開催される花火大会です。
船渡御には、大会関係者や芸能人、スポンサー企業が乗っている貸切船が
ほとんどですが、1人35、000円で船に乗船することもできます。

テレビ大阪で生放送されるので、家から見ても楽しいですね。

天神祭は、西暦951年から開催されている日本三大祭のひとつで、
24日と25日の二日間にわたり神輿で祭礼を行います。
23日には、ギャル神輿として80人の女性が天神橋筋商店街を
練り歩きます。
2日目の夜に花火が打ちあがります。

なにわ淀川花火大会(8月)

スポンサーリンク


天神祭の動画



天神祭花火 打ち上げ前の船渡御の映像から、夜になった船渡御
そして打ち上げ中の動画です。
花火大会の雰囲気が分かる動画です。


スポンサーリンク

天神祭花火大会 開催日・打ち上げ時間

開催日:2017年7月25日 火曜日
打ち上げ時間:19時30分〜20時50分

天神祭 花火大会 アクセス

天神祭 船
桜ノ宮会場:JR環状線 桜ノ宮駅下車。
徒歩数分

桜ノ宮公園駅側会場:JR東西線 大阪城北詰駅下車。徒歩数分

会場案内図は、近日公開予定です。

花火観賞スポットと穴場

来場者数が130万人と多いので、猛烈な混雑になります。


電車で行く・帰る時の穴場

 ●JR東西線 大阪城北詰駅
 桜ノ宮会場に向かう場合に、JR環状線桜ノ宮駅から行くのではなく
JR東西線の大阪城北詰からか、少し離れた京阪電車天満駅から
向かうとスムーズに移動できます。

環状線からは京橋で東西線に乗り換えて1駅です。

宿泊

大阪駅に近い シティホテル
花火大会の会場に近いので、混雑がましになるまで
河川敷の屋台で食事を楽しんだり、遊んで余韻を楽しんでから
ホテルに宿泊するのもいいですね。

心斎橋・なんばのホテル
梅田のホテルは花火大会当日の宿泊料金は高めなので
少し離れた心斎橋やなんばのホテルはどうですか。

当日宿泊予約
スマホなら現在地に近いホテルを探せます。
パソコンからでも当日宿泊予約が可能です。

おすすめ

スポンサーリンク


花火豆知識

花火の大きさ
号・寸・尺の違い知ってますか?


iPhoneで花火を綺麗に撮影する


ミラーレスカメラで花火を撮影する。